5分でできる!腱鞘炎の痛み対策

7月8日更新

腱鞘炎の手首や親指の付け根の痛みを解決する、簡単な痛み解消セットをご用意しました。



手首の痛みを感じている方には、様々な緊張が体中至る所に存在します。

その緊張は、不自然な歪みや血行不良を起こします。

特に、こうした痛みの引き金となっている原因の筋肉は、腕や肘、肩などにポイントが広がっていたりします。

手首などの患部ばかりに治療を加えたとしても、それを支える「腕」「肘」「肩」などの土台のバランスが崩れていては、痛みがなかなか引かないばかりか、クセになってしまうことも決して珍しくはありません。

やはり皆さん、特に対処のしようもなく放っておいて、どんどん痛みをため込んでしまっている方が多いようです。

「出来ることと言ったら、手首用のサポーターや塗り薬をぬって痛みをごまかすくらい・・・」というお話もよく伺います。


慢性痛の元を
しっかり絶つ!

そんな時、手首を中心に、腕や肘、肩などの緊張を起こしている原因筋に、この金粒テープを貼ってみてください。


医療承認番号
15500BZZ01440000

わずか1ミリ程の金粒は、日常生活での動作から自然なツボ刺激を与えるのに最適な大きさといわれいます。

粒という超微弱な刺激によって、無意識下での持続圧を働かせます。

常に圧がかかることで、その部分への快刺激が、痛みの引き金となる筋肉の異常緊張をほぐし、自然と弛緩させる働きがあるとされています。


しかし、そうは言っても、このテープをどこに貼ればよいのか、自分の痛みにはどのように貼ると効果的なのか?

特に複雑な動きをする手首となると、それを見つけるのもなかなか難しいことと思います。


そこで、このマニュアルをご活用下さい。

手首に関しては、原因筋肉を見定めて金粒を効果的に貼るポイントがあります。

そのポイントの簡単な探し方等を、わかりやすくイラスト付でご説明したものが、この【手首の痛み対策マニュアル】にまとめられています。

ご自身の痛みと照らし合わせながら、よりよいポイントに金粒テープを貼り付けていきましょう。

いつでも気軽に自分で痛み対策ができるので、時間のない方や慢性的に悩まされていらっしゃる方にとって、とても即行的で効率性の高いマニュアルとなることでしょう。

実際に体験された方から嬉しいご報告を頂いております。ご覧下さい↓

続きを読む
(1/4ページ)




腱鞘炎対策メルマガ

指・肘・足首の痛みは
コチラ

メインメニュー
┣[1]嬉しいお便り
┣[2]手首の痛み対策セット
┣[3]手首痛セットの価格
┣[4]お申込み方法
┣[5]運営者紹介
┣[6]法規表示
┗[0]トップに戻る

[腱鞘炎対策のご相談]




(c)kenshouen.mobi